大脳皮質:発達

Last Updated on


 

大脳皮質の発生過程の成長は、遺伝子と環境との相互作用によって調節される、複雑かつ精密に調和したプロセスです。大脳皮質は、胚の外胚葉の特定の部分である神経板の最も前方の部分に由来する。神経板は、神経管を形成するために折り畳まれて閉じ、神経管内の空洞から、心室系を発達させ、その壁の上皮細胞(神経系の神経細胞およびグリア)を介して発達する。神経板の最も前方の(または頭蓋の)部分。脳波が始まる前に明らかになっている胎盤は、大脳半球とその後の皮質を生じさせる。
 
皮質ニューロンは、心室の隣、心室の隣に生成される。最初に、この領域には、分裂してグリア細胞およびニューロンを産生する前駆細胞が含まれる。前駆細胞の第1区画で発生したグリア繊維は、心室帯から外側、軟膜表面への皮質の厚さを横切って対称的に配置され、前駆細胞の足場を提供する対称であり、それぞれの有糸分裂周期で始原細胞となる。次に、いくつかの前駆細胞が非対称に分裂し始め、1つの有糸分裂後の細胞が放射状グリア繊維に沿って動いて心室帯から離れるようになり、1つの前駆細胞が発達の終わりまで変わり始める。グリア細胞または上衣細胞である。有糸分裂のG1期が長くなるにつれて、選択的細胞周期の延長として見られるように、新たに生まれたニューロンは皮質のより表面の層に移動する。移動する四分円細胞は、大脳皮質の錐体細胞になる。開発プロセスは、何百もの遺伝子とエピジェネティックな制御システムとメカニズムによって時間を決められ制御されます。
 
完全に発達した大脳皮質の階層構造は成熟の間に作成されます。生成された最初のピラミッドニューロンは、リーリン産生のCajal-Retziusニューロンと一緒に脳室領域から出て、前門から移動します。次に、高次の中間に移動するニューロンのコホートは、その一時的な層を、成熟した新皮質の層1となる表層周辺ゾーンと、皮質プレートと呼ばれる中間層を形成するサブプレートとに分割する。これらの細胞は、成熟皮質の深い層、層5および層6を作る。その後、生まれた後、深層、ニューロンを通って大脳皮質板に放射状に移動し、上層(トウから四まで)になる。したがって、皮質の層は内側から外側の順序で生成される。神経形成のこの内側への進展に対する唯一の免除は、他の哺乳動物とは異なる霊長類の層Iにおいて起こり、それによって神経発生が皮質形成の全期間を通じて継続する。
 
一次運動野および視覚野からなる機能性皮質領域のマップは、胚発生の早い段階で線維芽細胞増殖因子FGF8のような分子シグナルによって調節されるプロトマップに由来する。これらのシグナルは、皮質パターン形成として記載されたプロセスを介して、遷移因子発現の勾配を制御することによって、皮質原基表面上の皮質領域のサイズ、形状および位置を部分的に制御する。そのような転写因子の例は、遺伝子EMX2およびPAX6を含む。皮質表面領域の急速な拡大は、放射状グリア細胞の自己再生の量によって調節され、FGFおよびNotch遺伝子によって幾分支配される。皮質の神経発生および層形成の期間中、多くの高等哺乳動物は、大脳皮質の特徴的な倍を生成する硝化プロセスを開始する。線維化は、遺伝子Trnp1およびFGFおよびSHHシグナル伝達によって調節される。
 
 
 

Cortical Layers of The Cerebral Cortex


 

Cerebral Cortex Function: Connections, Sensory, Motor,Association

Health Life Media Team

コメントを残す