大脳皮質の皮質層

Last Updated on

大脳皮質:発達

大脳皮質は、大脳または神経組織のの外層である。2つの皮質がそれを分ける。第1に、縦方向のフィスは、 左大脳および右大脳半球への大脳。2つの領域は、脳梁によって皮質の下に接合される。大脳皮質は、記憶、注意、意識、思考、言語、知覚、および意識における重要な役割を表す。
人々では、大脳皮質は折り畳まれ、頭蓋骨の定義された能力においてはるかに大きな表面積を提供する。皮質のしわまたは隆起は、回(複数の回旋)と呼ばれ、うつまたは裂は、溝(複数の溝)と呼ばれる。人間の脳内では大脳皮質は3分の2以上であり、それは溝に埋もれている。ヒトの大脳皮質は2〜4ミリメートル(0.079〜0.157インチ)の厚さである。
 
 大脳皮質本質的に細胞体(星状細胞が大脳皮質およびヒト脳の中で最も豊富な細胞型である)および毛細血管からなる灰白質から形成される。それは、主にニューロンの軸索の白い髄鞘からなる基礎をなす白色物質とは異なる。
 
人々の進化の歴史の中で形成する大脳皮質の最も近代的な部分は新皮質であり、6層に区別される。多数の層のニューロンは、皮質の柱と呼ばれる小さな微細回路を作るために垂直に接続します。Brodmann領域として知られている様々な新皮質領域は、それらの細胞質設計学(組織学的構造)の変化および感覚認知および行動における機能的役割によって同定される。
 
皮質構造レイヤー
異なる皮質層はそれぞれ、ニューロン細胞型の特徴的な分布および他の皮質および皮質領域との接続を含む。例えば、異なる皮質領域間の直接的な接続と、視床を介する間接的な接続がある。これは、後頭葉の踵骨の眼底の眼底で自然の眼で確認できる白い組織の帯です。GennariのStriaは、視床からの視覚情報を視覚野の第4層にもたらす軸索で構成されています。
 
神経細胞体および皮質軸索管の位置を明らかにするために、皮質の十字線セクションで、20世紀初頭の神経解剖学者は異なる種の皮質の層状構造の繊維記録を作成できました。大脳皮質のニューロンは、外側(体表面)から内側(白質)までの6つの主要な層にグループ分けされている。
1。層Iは、いくつかの散乱ニューロンを含み、主にピラミッドニューロンの頂端樹枝状房および水平配向軸索ならびにグリア細胞からなる。発達の間、この層にCajal-Retziusおよび扁平な顆粒層細胞が存在する。そしていくつかの星状の星状細胞がここにあります。頂端の房への挿入は、連合学習と注意につながる大脳皮質の「フィードバック」相互作用にとって重要であると考えられている。かつて、層Iへの入力が皮質自体から来たと考えられていたが、大脳皮質マントル上の層Iは、「マトリックスまたはM0型視床細胞からの実質的なインプットを受け取ることが分かった(コアへの契約:またはCタイプ層IVに)。
 
2。層II、外部顆粒層は、小さなピラミッド型ニューロンと多数の星状ニューロンを含みます。
3、レイヤーIII は外部ピラミッド層です。主に中小錐体ニューロン、ならびに垂直に配向された皮質軸索を有する非ピラミッドニューロンを含む。層I〜IIIは、大脳半球皮質皮質求心性線維の主な標的であり、層IIIは、皮質皮質遠心物の主要な供給源である。
内顆粒層である 4、第IV層は、さまざまな種類のピラミッドニューロンと星状で構成され、視床C型ニューロンおよび大脳皮質大脳皮質の求心性神経からの視床皮質求心性神経の主な標的である。
5 。層V は、内部ピラミッド層であり、皮質を離れて皮質構造(基底核を含む)まで走る軸索の増加を引き起こす大きなピラミッドニューロンを含む。一次運動野では、前頭葉、層Vは、軸索が内皮を通過するベータ細胞、脳幹および皮質脊髄路を形成する脊髄を含み、これは自発的な運動制御のための主要な経路である。
6。多層VI族の層は、大型のピラミッド型ニューロンをほとんど含まず、小さな紡錘状ピラミッドと多型ニューロンを多く含みます。層VIは異なる線維を視床に送り、皮質と視床との間の非常に正確な相互接続を確立する。1つの皮質欄の第VI層ニューロンは、同じ皮質欄に入力を提供する視床ニューロンに接続します。これらの接続は興奮性と抑制性の両方である。ニューロンは、視床のニューロンに興奮性線維を伝達し、視床の網状核に側副核を伝達し、これらの視床ニューロンまたはそれらに付随するニューロンを妨害する。1つの理論は、抑制出力が大脳皮質へのコリン作動性の入力によって低減されるので、これにより、脳幹入力に対するリレーの調節可能な利得が脳幹に提供されるということである。
 
皮質層は、他の層の上に重ねられているだけではありません。ニューロンの種類と異なる層との間に特徴的な関係があり、これらは別個であり、皮質のすべての厚さに及ぶ。これらの皮質の微細回路は皮質柱と微小柱に分類される。ミニカラムは皮質の基本的な機能単位であると考えられてきました。皮質の機能特性は、横方向に隣接する点の間で急激に変化することがあるが、それらは表面に垂直な方向に継続する。また、視覚野、聴覚野、および連合皮質における機能的に区別できる皮質柱の存在の証拠がある。
 
層IVを必要とする皮質領域は、粒状と呼ばれる。初歩的な層IVのみを有する皮質領域は、顆粒状と呼ばれる。各層内の情報処理は、遅い2Hzの振動を有する層II / IIにおけるものとは異なる時間的な動力学によって規定され、一方高速の10-15Hzの層Vにおけるもので規定される。
 
 
 
大脳皮質機能:接続、感覚、運動、協会
 

Cerebral Cortex Function: Connections, Sensory, Motor,Association


 

Cerebral Cortex: Development

Health Life Media Team

コメントを残す