印刷可能なボディパーツと医療用インプラントによって駆動される3D印刷

世界初の3Dプリントジョー 3D印刷の約束について多くの意見がありました。3D印刷は、多くの人々の製造プロセスを民主化し、現在の製造プロセスの多くの限界に革新的な解決策をもたらす能力を持っています。ポットを見るために探している産業の一つ

3Dバイオ印刷は、今後10年間に指数関数的に成長すると見込まれています。3d印刷技術がより洗練されるにつれて、股関節、膝関節置換術および義歯は、このような精度で印刷されることがわかっており、それらを必要とする患者に使用することができます。

医療用インプラントは、3D印刷業界の成長を促進することが期待されています。最近の報告では、歯科医学および医療企業は、患者の治療目的のために3D印刷の能力を高め、印刷可能な皮膚および器官を開発する可能性を高めていきます。歯科および医療用3D印刷市場は、IDTech EXによると、バイオ印刷の前に、2025年に365%以上で約900百万ドルに成長すると見込まれています。アナリストは、皮膚、肝臓、腎臓などの生きた組織を使ったバイオ印刷機関が商業化されれば、市場は10年で60億ドルになると予想しています。

今ではほとんどの人が粗製の小さなおもちゃを生産する3D印刷を行っていますが、インプラントの印刷を支援するために開発され、開発されている高解像度3D印刷機が数多くあります。例えば、セラミックの顎および歯のインプラントは、すでに開発されている。金属製の股関節や膝の置換え。

プロセスは、正確な仕様まで材料の微細な堆積層をレイアウトするノズルと同じになります。メリットは、3D印刷では、個々のボディタイプで作成される金額の詳細とカスタマイズがあることです。すべてのボディが異なるため、これは非常に重要です。

A 3dprinted stemcell ただし、完全な臓器が数十年離れている可能性がありますが、検査毒性試験用の組織のサンプルを次の5〜10年以内に行うことができ、セクター。バイオプリントの商業的実現可能性について未だ不明な点がたくさんありますが、これはまだ存在しないためですが、IDTech EXがインタビューした医療従事者はすべて、今後10年間で商用アプリケーションが可能であると考えていました。現在、歯科技工所は、交換が必要な患者の歯を印刷する技術に投資してきました。科学者が皮膚組織片の寿命を数時間から40日間に延ばすことができたバイオプリンティングスキンとのブレークスルーがあります。これは毒物学の試験に必要な3ヶ月に近いものです。

現在、多くの3Dプリンタは自動車業界で使用されており、自動車や自動車部品のプロトタイプの製造に役立っています。次に大きな市場は航空宇宙です。

股関節および骨幹細胞移植の3D印刷の開発と実装はすでに成功しています。サウスハンプトン英国。医師と科学者は、32D印刷インプラントで最初の股関節手術を完了しました。3D印刷された股関節は、チタン製であり、患者のCTスキャンに基づいて設計された。インプラントはゲームチェンジャーです。3D印刷されたパーツは患者の正確な測定値であり、別の手術を受けなければならないリスクを低減します。骨移植材料は、3D印刷により、分散された部分なしですべての構成要素が一緒に融合することができるので、優れた生体適合性および強度を有する。3D印刷された骨移植片の使用は、外傷による骨折および骨の損失を低減する。患者に正確にフィットすることで、回復と生活の質が向上します。

Health Life Media Team

コメントを残す