足の解剖学

足は毎日持続的なストレスと圧迫を受けています。 これは、80%の人が自分の生活の中である種の足の問題を抱える理由です。 活動レベ、職業、健康状態、靴や足の保護具を含め、足の下の脚を足の状態まで下げます。 しかし、足の問題の大部分は靴のせいで直接発生します。 足に合った靴と組み合わせています。

足は体のすごく複雑な部分です。 この記事では、足のパーツと足の仕組みについて説明します。

いくつかの重要な構造があります

足の骨および骨格構造、足関節の一部を形成する距骨、または足首骨。 下腿の2本の骨は、脛骨(より大きなもの)と腓骨(より小さいもの)と呼ばれ、足首関節に結合され、穿孔とほぞの関節として知られる非常に安定した構造を形成する。

築城とほぞ構造は、家具の大きな建物を建設するためにこの継手を使用する大工職人や職人で知られています。 この構造は非常に安定しており、予測可能な挙動を有する。

足の後部を包囲する2本の骨は、後頭部と呼ばれることがあり、距骨および踵骨または踵骨と呼ばれる。 距骨は下顎関節の踵骨に取り付けられる。 足首関節は、足を上下に曲げる能力を提供する。 肩甲骨関節は足を左右に揺らす能力を提供する。

足首から食べ物を下ろすには、足裏の骨と呼ばれる5つの骨のセットがあり、グループ内で機能します。 これらの骨は一意に適合します。 例えば、足が脚と足の筋肉によって一方向にテストされると、これらの骨は一緒に固定されて極端な構造体を形成する。 しかし、一度足を反対方向にねじれば、骨は解錠され、足が接触している表面に足が確認できるようになります。各足根骨の間には複数の関節があります。

足裏の骨は、中足骨と呼ばれる足の伸長した5本の骨につながっています。 骨の2つの部分は、関節に多くの可動性を持たせることなく、かなり堅く接続されています。

最後に、指骨に存在する骨があり、指骨と呼ばれています。 第1節骨と中足骨と第1節骨との間の関節は、中足趾節関節(MYTP)として知られている。 これらのジョイントは、フォントのボールと呼ばれるものを形成します。 これらの関節の動きは、歩行パターンを形成するために不可欠である。

つま先の骨の間にはあまり動きがありません。 外反母趾(大指)は歩行能力にとって最も重要です。 それは最初のMYPポイントであり、足に問題がある場合には一般的です。

靭帯と腱

足の解剖学3腱 - ブレビス - 幻覚 - ヒト - 足の解剖学的 - 内側 - 屈筋 - 足底セサノイド - 前脛骨 - 前伸筋 - 趾間 - 指節間関節 - 靭帯は、骨に付着する柔らかい組織です。 腱は腱と非常によく似ています。 違いは、腱が筋肉を骨に結びつけることです。 これらの構造の両方は、コラーゲンの小さな繊維からなる。 コラーゲン線維は束ねられてロープ様の構造を形成する。 靭帯や腱は様々なサイズで来て、ロープのように、多くの小さな繊維が狂っています。 腱のアライメントが厚いほど、靭帯(または腱)が強くなります。

大きなアキレス腱は、走ったり、歩いたり、ジャンプしたりするのに最も重要な腱です。 これは、ふくらはぎの筋肉をかかとの骨につなぎ、人々がつま先を上げることを可能にします。 後脛骨腱は、子牛のより小さな筋肉の1つを足の下側に接続する。 この腱はアーチサポートを可能にし、足を内側に回すことができます。 つま先を曲げてつま先をまっすぐにする(つま先の上に)腱を接続するつま先が接続されています。前脛骨の腱は人々に足を上げる能力を提供します。 2つの腱が足首の外側の隆起の裏側に走り(側方の総鞘と呼ばれる)、足を外側に回すのを助ける。

腓骨 - 脛骨 - 距骨 - 踵骨 - 直方体 - 人体足関節 - 中足骨 - 近位 - 骨 - 遠位 - 中 - 内側 - 楔状骨 - 腱多くの小さな靭帯は足の骨を一緒に含んでいます。 これらの靭帯の塊は、足の関節のそれぞれの周囲に関節包の一部を形成する。関節包は、すべての関節の周囲に形成される防水袋である。 それは、関節を取り囲む靭帯と、隙間を埋める靱帯と嚢との間の軟組織から構成されている。

フットクランク外側靭帯解剖学内側足のアナト背部足蹠コピー3足の動きの多くは、脚の下部にあるより強い筋肉に起因する。 どの腱が足に付くか。 脚の筋肉の収縮は、人々が走ったり、立ったり、ジャンプしたりするために足を動かす主要な方法です。

足にはさまざまな小さな筋肉があります。 これらの筋肉は、手の中の小さな筋肉ほど重要ではありませんが、つま先の機能に影響します。 これらの筋肉のいくつかに負傷が問題を引き起こす可能性があります。

足の筋肉の大部分は靴底(足底面)に層状に設計されています。 唯一、彼らは足をつなぎ、足を動かし、靴底の下に詰め物を提供する。

神経

足の中枢神経、脛骨神経は、足首の内側の隆起、内側の中皮を後方に流れることによって足裏に入る。 この神経は足の足裏と足指に感覚を与え、足裏の筋肉を管理する。 他のいくつかの神経は、足の外側の足の裏側の足の上を走ります。 これらの神経は、主に足の上端および外縁の様々な領域に感覚を提供する。

血液血管
足への一次血液供給は、後部脛骨動脈であり、同名の神経のすぐ横にある。 それほど重要でない他の動脈は、他の方向を通って足に入る。背中の足は足の上を走る。 この動脈が足の真ん中で動いているところで脈拍を満たすことが可能です。

足の解剖学的構造は非常に複雑であり、すべての部分が協調して動作する。足の一部が損傷または影響を受けた場合、それは連結性および依存性のために足の他の部分に影響を及ぼす可能性がある。 足の重さのせいで足の世話をすることが重要ですが、靴を思い出すことは足の健康に最も大きな影響を与えます。


Price:
Category:     Product #:
Regular price: ,
(Sale ends !)      Available from:
Condition: Good ! Order now!

by